*

iPhone公式twitterが使えない場合の対応方法

公開日: : iOS, アプリ


iPhoneの公式twitterアプリが突如消える現象について

アプリアップデート後に17歳未満の年齢制限が原因で消えているようです。

対処法法はsafariで対応出来ますが、アプリで慣れていると操作が違うため結構面倒。
もうひとつが、公式ではないtwitterのアプリを使うこと。
そしてもうひとつが、iPhoneの機能制限を解除するか機能制限からtwitterを除外する方法です。

因みに、機能制限の設定の場所は
設定>一般>機能制限
です。
ここでパスワード入れて解除かtwitter除外でOKです。





関連記事

iPhoneが再起動の繰り返しになる

12月2日深夜からiPhone、iPadが10秒くらいで再起動を繰り返すトラブルが発生しています

記事を読む

現在このアイテムは購入出来ませんが頻繁に出る

バックアップ復元をすると 『現在このアイテムは購入出来ません』と出る障害発生中 原因はiOS

記事を読む

アプリが調子悪いとき

昨日まで普通に動いていたアプリが今日になったら調子悪いってありませんか? 対処方法としては アプ

記事を読む

【注意】iOs10.3にアップデートでパスコードが通らない

iOSを最新にアップデートした後、再起動でパスコードが通らない症状が出ています。 現在、App

記事を読む

【ちょっと朗報】iPad pro 9.7インチ文鎮化の修理受付開始

ご多分に漏れずiOS9.3.2アップデート、やらかしてくれてます。 今度はiPad Pro9.

記事を読む

古いiPhoneの性能を意図的に落とした件についてのアップルの回答なのか?

古いiPhoneの性能を意図的に落とした件で100兆円の訴訟が起きてることで話題になってますが、その

記事を読む

calendar

カレンダーに勝手にイベント追加

ここ数ヶ月、カレンダーに身に覚えのない中国語や英語のイベントが追加される。 Appleに問い合

記事を読む

パスコードの解除方法

iPhoneやiPadなどのiOsデバイスを立ち上げた時に求められるパスコードを解除する方法です。

記事を読む

iPhone x 画面が反応しない

新製品、iPhone xの画面が全く反応しないケースが出ています 現在Appleで調査中とのこ

記事を読む

iOS9.3.1リリース

恒例のリリース直後不具合の多いiOS。 バージョンアップして9.3.1がリリースされました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑